結婚式までの準備は?

まずは式場選びから始めよう

晴れて結婚することが決まったら、挙式や披露宴をどのように開催するのか決めましょう。結婚式にはいろいろな形式がありますし、招待客を何人に想定するかで選択する会場が変わってきます。ひとまず、結婚式にどれくらいの予算を用意できそうか考えるのがおすすめです。
利用されることが多いのは大型のホテルになります。大小いろいろな部屋が用意されているので、形式や予算に合わせて対応してくれます。「ブライダルフェア」などの名称で説明会が開催されているので、ぜひ活用してください。現場を直接確認するのは大切ですし、スタッフに質問できるのも貴重な機会です。そのときのスタッフの態度も会場を決める要素になりますから、注意深くチェックしてください。

引き出物やスピーチ担当者の決定は早めに

結婚式を行う会場が決まったら、会場スタッフと話し合いながら細かいことを決めていきます。早めに決定しておきたいのは引き出物です。近年ではカタログギフトが用意される例が多いようですが、カタログギフトも予算別に数種類あるので悩むかもしれません。特注品を引き出物にする場合は、さらに早めの決定が必要です。製造にある程度の時間がかかり、その時間は招待客が多いほど長くなるからです。
結婚式には招待客からのスピーチがつきものです。誰にスピーチをお願いするのか、これも早めに決めましょう。遠慮されてしまって決まらないことがありますし、スピーチをすることになった人もある程度の準備期間が必要になるからです。親族にスピーチをお願いするときも、早めに伝えておきましょう。